読んだ方がいらっしゃるのか分からないくらいささっと上げてささっと下げた短編「終焉叙事詩」の主人公(ヒロイン)キアスィルベルグさんです。
なんで下げたかっていうとそのうちやっぱり長編にリメイク(設定とかもちょっと変えて)したいなーと思ったからでありますが、さてどうなることやら。異世界ものを書く気力が残ってるかが問題です。
でもとりあえず有力次期ヒロイン候補はこの人でしょうか。

・・・なんか絵的にも分かると思いますが暗いです(笑)。1番病んでる系ヒロインかと思われます。髪は空色?
お話自体も今までの作品とは一線を画すぐらいの黒さとかを出したいなとか。ついにR15いくかもよ(え)。
コンセプトは短編のときと変わらず「残酷なお伽話」で、でも描きたいのは王道のラブストーリーとか? まだ全然決まってませんけどそんな感じで。1年くらい頭の中で考えようと思います。

実は短編の挿絵も一時上げてたんですけど(笑)、あれもちょっと出来がイマイチだったんで下げました。
相手役?のクラドランツのデザインはちょっとシンプルすぎたので変えるかもしれませんね。

らくがきその2。クラドランツとキアスィルベルグ。長いのでクラド×キアス、略してクラキア。
結局クラドのデザインはあんまり変えずにこうなるのかなあ。いつもの男性陣より若干オトナっぽくなイメージででも赤。
恋愛を全面に出す話だと思うので絡みが描きやすくて楽しそう、絵的には(強調)。

最近いろいろ考えることがあって私が線画をきっちりひいたとしてもこれくらいざかざかだったとしても世界は変わらないわとか思ったわけで当分これくらい雑いのでいこうと思います(いわゆる反抗期。けれどちゃんとしたところで出す絵はちゃんと引きますけどね・笑)
ついでに塗りもいつもと違う感じにしました。この2人だといつものキッチリ塗りより水彩風塗りを極めたほうが似合うかもしれないなと前からつくづく思ってたのでちょっとこれから練習します。
キアスさん描いてて楽しいですよー。男物のシャツが多分ポイント。